AI時代に生き残るのは「暇つぶしの達人」かもしれない : 情熱のミーム 清水亮